2008-06-14

O'Reilly Information Architecture for the World Wide Web (2)

Chapter 2. Practicing Information Architectureのつづき

And yet, independent of our intellectual theories and existential agonies, something very powerful is taking place. We are being surrounded, quite literally, by information architecture.
けれども、聡明な理論や苦悩と無関係で、何か非常に説得力のある立場を獲得している。私たちの生活の周りは、まさにインフォメーション・アーキテクチャがあふれているのです。


出典:Information Architecture for the World Wide Web


--

2008-06-12

6.17(現地時間)待ちに待った、Firefox 3

Coming Tuesday, June 17th: Firefox 3
来る6月17日火曜日(現地時間)Firefox 3リリース

Whenever we’re asked “when is Firefox going to be released” we endeavor to answer to the best of our abilities, but the truth of the matter is that we’ll only ever ship “when it’s ready”. We have a lot of indicators that help us understand when the product is ready for release: feedback from our pre-release milestones, excitement in the community and the press, availability of compatible Add-Ons, and a large active beta community helping us ensure that the release is compatible with all the various sites on the Internet.
「Firefoxはいつリリースになるんだ」と聞かれる度に懸命に努力をしていると答えてきた。しかし本当は「準備はできている」出荷するだけである。製品の準備が整い、納得してリリースするために多くの指針があります。プレリリースマイルストンからのフィードバック、コミュニティとプレスの騒ぎ、アドオンがうまく利用できること、そしてベータコミュニティが援助するインターネット上のあらゆるサイトに適合できるように努力することです。

After more than 34 months of active development, and with the contributions of thousands, we’re proud to announce that we’re ready. It is our expectation to ship Firefox 3 this upcoming Tuesday, June 17th. Put on your party hats and get ready to download Firefox 3 — the best web browser, period.
34週を越える活発な開発や膨大な投稿を経て準備が整ったことをアナウンスできることを光栄に思う。大望のFirefox 3は6月17日火曜日(現地時間)出荷します。パーティハットをかぶって、最高のWEBブラウザーFirefox 3のダウンロードする準備をしよう。以上。

出典:Mozilla Developer Center

--

2008-06-11

Mozilla Party Central

It's Time to Celebrate!
Firefox 3 リリースを祝う!

The Mozilla community has many reasons to celebrate! To join the fun, register for a Mozilla Party Central account, and sign up to host or attend a party.
Mozillaコミュニティーは、多くの方の希望により祝宴をやります。Mozilla Party Centralアカウントでサインアップしてパーティのホスト役か出席に登録してください。一緒に楽しみましょう。

出典:Mozilla Party Central

秒読み段階みたいです。日本でのパーティーは6/26日。東京/250名限定。

パーティには参加しなくても、
Firefox 3 Download Dayには参加できる。
Download Day 2008

2008-06-10

Google Developer Day 2008 Japanに行った。

Google Developer Day 2008 Japanに参加してきた。

平日なのに大賑わい。久しぶりに充実した一日だったなあ。

Web Programmingモチベーションも上がって。

今日のMyキーワードとしては、
HTML5
JSON
JQuery
SketchUp
です。

APIいぢったろかと思う。

2008-06-08

O'Reilly Designing Interfaces(1)

Preface
序文

Once upon a time, interface designers worked with a woefully small toolbox.
一昔前、インターフェースデザイナーはお粗末で小さなツールボックスで作業していました。

We had a handful of simple controls: text fields, buttons, menus, tiny icons, and modal dialogs. We carefully put them together according to the Windows Style Guide or the Macintosh Human Interface Guidelines, and we hoped that users would understand the resulting interface—and too often, they didn't. We designed for small screens, few colors, slow CPUs, and slow networks (if the user was connected at all). We made them gray.
インターフェースデザイナーは一握りの簡素なコントロール(テキストフィールド、ボタン、メニュー、アイコン、規定のダイアログ)を使っていました。Windows Style GuideやMacintosh Human Interface Guidelineに従って苦労して造りました。出来上がったインターフェースはユーザーに理解してもらえるだろうと望んでいましたが、大抵は無駄でした。デザインしていたのは小さな画面、少ない色、遅いCPU、遅いネットワーク(ユーザーが接続していたとしても)で非常に憂鬱でした。

Things have changed. If you design interfaces today, you work with a much bigger palette of components and ideas. You have a choice of many more user interface toolkits than before, such as Java™ Swing, Qt, HTML and Javascript, Flash, and numerous open-source options. Apple's and Microsoft's native UI toolkits are richer and nicer-looking than they used to be. Display technology is better. Web applications often look as professionally designed as the web sites they're embedded in, and while desktop-UI ideas like drag-and-drop are integrated into web applications slowly, some of those web sensibilities are migrating back into desktop applications in the form of blue underlined links, Back/Next buttons, daring fonts and background images, and nice, non-gray color schemes.
時代は変わった。現在インターフェースのデザインはずっと大きなコンポーネントやアイディアパレットを使って作業します。それ以前にJava™ Swing、Qt、HTMLとJavascript、Flash、そして数えきれないほどのオープンソースなどからさらに多くのユーザーインターフェースツールキット選択できます。AppleやMicrosoftのネイティブユーザーインターフェースはリッチで良い見た目だしね。ディスプレーの技術も向上した。ウェブアプリケーションは専門的に設計されたユーザーインターフェースが埋め込まれているウェブサイトを頻繁に見ます、そして、ドラッグ・アンド・ドロップのようなデスクトップ-UI考え方がだんだんウェブアプリケーションに組み込まれると同時に、青いアンダーラインを引かれたリンク、戻る/次へボタン、大胆なフォント、背景画像、そして素晴らしいグレーではなくのカラー・スキームの形などはウェブ感覚がデスクトップアプリケーションに移行し戻っています。


出典:Designing Interfaces

--

2008-06-07

OSSC.DBに行ってきました。

早起きして、市ヶ谷まで足を伸ばし「オープンソースカンファレンス2008.DB」なるイベントに参加してきました。

お目当てはPostgreSQLとMySQLだったのですが、あまり馴染みのないFirebirdも参加してきた。

DBに偏ったイベントですが、DBエンジニアでもない私でも話が面白かった。(ライトニングトークは得にですが)

抽選は当たらんかった。

来週は「Google Developer Day 2008 Japan」もあり、イベント目白押しです。(先週はLinuxWorldExpoTokyo行ったしw)

Canonical社 Ubuntu Netbook Remix 発表

Canonical Showcases Ubuntu Netbook Remix at Computex
Canonical社、ComputexでUbuntu Netbook Remixを披露

Canonical Now Delivers for OEMs a Rapid Route to Market For Netbooks Powered by an Intel Atom Processor
Canonical社は、急速に市場を伸ばしているIntel Atomプロセッサー搭載NetBook向けOEM版を提供する。

Computex, Taiwan June 3, 2008: Canonical, the commercial sponsor of Ubuntu, today announced that it will be demonstrating a reworked desktop image of Ubuntu built specifically for a new category of portable Internet-centric devices – netbooks. These affordable, power-efficient, small screen devices, based on the ground breaking low-power micro-architecture of the Intel® Atom™ processor, and Ubuntu allow consumers to enjoy email, instant messaging, Internet surfing and on-line access to photos, videos or music with an affordable, reliable device.
2008年6月3日Computex台湾でCanonical社(Ubuntuのスポンサー)はUbuntuのデスクトップイメージを再加工すると発表した。具体的には新らしいカテゴリーのNetbook(インターネット中心の小型PC)向けである。これらは廉価・省エネなIntel® Atom™プロセッサー搭載し、Ubuntuはコンシューマ向けにe-mail、メッセンジャー、インターネット、オンラインでの写真、ムービー、音楽などが手軽に楽しめるという。


#なんだか、少し誤魔化し気味ですが概ねこんなことが書いてあるかと。
元ネタ→Canonical社ニュースのページへリンク

2008-06-05

1日・1パラグラフ翻訳

初日の今日は、O'Reilly "Information Architecture for the World Wide Web 3rd Edition"から。

Chapter 2. Practicing Information Architecture
2章:インフォメーションアーキテクチャの業務

What is information architecture? Is it an art, a science, or a craft? Who should do this work? What qualifications are required? These are the questions we grapple with as a community of information architects. We write articles and publish books. We debate on discussion lists and argue passionately at conferences. We pull out our hair. We lose sleep. This is serious stuff.
インフォメーションアーキテクチャって何?アート?サイエンス?それとも技術?その仕事はどういう人がするのが良いの?どんな資格が必要ですか?そんな疑問にインフォメーションアーキテクチャのコミュニティは格闘してます。コミュニティでは記事を書いたり、本を出したりします。メーリングリストなどで討論したり、カンファレンスで議論したりもします。髪は引き抜く。眠れないし。これは深刻な問題です。

なんとなく翻訳なんてしてみるのだが、間違いもあると思う。
少しずつ進歩していくことを願って始めてみる。

Information Architecture for the World Wide Web