2008-06-05

1日・1パラグラフ翻訳

初日の今日は、O'Reilly "Information Architecture for the World Wide Web 3rd Edition"から。

Chapter 2. Practicing Information Architecture
2章:インフォメーションアーキテクチャの業務

What is information architecture? Is it an art, a science, or a craft? Who should do this work? What qualifications are required? These are the questions we grapple with as a community of information architects. We write articles and publish books. We debate on discussion lists and argue passionately at conferences. We pull out our hair. We lose sleep. This is serious stuff.
インフォメーションアーキテクチャって何?アート?サイエンス?それとも技術?その仕事はどういう人がするのが良いの?どんな資格が必要ですか?そんな疑問にインフォメーションアーキテクチャのコミュニティは格闘してます。コミュニティでは記事を書いたり、本を出したりします。メーリングリストなどで討論したり、カンファレンスで議論したりもします。髪は引き抜く。眠れないし。これは深刻な問題です。

なんとなく翻訳なんてしてみるのだが、間違いもあると思う。
少しずつ進歩していくことを願って始めてみる。

Information Architecture for the World Wide Web

0 件のコメント: